ケイト・プレイズ・クリスティーン

プレイズ クリスティーン

Add: uwysiko17 - Date: 2020-11-30 16:16:44 - Views: 5278 - Clicks: 1640

『Kate Plays Christine/ケイト・プレイズ・クリスティーン』 112min/アメリカ/ Facebook: ケイト・プレイズ・クリスティーン ケイト・プレイズ・クリスティーン Movie CULTURE 洋画 映画 ケイト・リン・シール 1974年、生放送中に自殺した実在のテレビキャスター、クリスティーン・チャバック。. More ケイト・プレイズ・クリスティーン images. クリスティーンの住んでいた街へ赴いたケイトが、髪型をはじめ肉体的、精神的にもクリスティーンに近づいていく様子を捉えながら、チュバックの自殺事件にも迫っていく。 年製作/112分/アメリカ. 髪型や肌の色を似せ、クリスティーンに同化したケイトは現実と虚構が. 1976年生まれ。監督作品として、ゴッサム・インディペンデント映画賞を受賞した『Actress』(年)、『Fake It So Real』(年)、 『Kati with an I』 (年)。映画製作のかたわら、「Sight & Sound」誌での執筆活動や、ミズーリ大学のジャーナリズム学科での助教授も務めている。 映画『ケイト・プレイズ・クリスティーン』 7月15日(土)よりアップリンク渋谷にて上映 監督:ロバート・グリーン 出演:ケイト・リン・シール 撮影:ショーン・プライス・ウイリアムズ 音楽:キーガン・デウィット 原題:Kate Plays Christine 配給・宣伝:chunfu film 宣伝協力:アップリンク アメリカ/年/112分/英語/カラー/1. 『Kate Plays Christine/ケイト・プレイズ・クリスティーン』というドキュメンタリー映画を上映します。 chunfu filmは、日本で未公開の作品やあまり上映機会がない作品を映画館で上映したい、という思いから、今年より活動を始めた団体です。. 「ケイト・プレイズ・クリスティーン」 日本版の予告編が完成しました!年、生放送中に自殺したテレビキャスター、 クリスティーン・チャバック。 彼女を演じることになった女優ケイト・リン・シールは、.

78:1 サンダンス国際映画祭 ドキュメンタリー部門 審査員特別賞(脚本賞)受賞. More ケイト・プレイズ・クリスティーン videos. 1974年、米国でテレビニュースの生放送中に、キャスターのクリスティーン・チャバックが拳銃自殺した。映画の大枠は、その背景と彼女の人物像.

ケイト・プレイズ・クリスティーンになるには、凄いスタイルがよくなければなりませんが、生まれつきスタイルがよいわけではありません。 また、何かモノをとるときなど、必要以上に動作を大きくするよう、ケイト・プレイズ・クリスティーンたちは. be 『ケイト・プレイズ・クリスティーン』 原題 Kate Plays Christine 年/アメリカ/112 分/カラー/1. 自身の撮っている作品を撮るべきかどうかを自問する人は多くはないでしょう。私たちが自問していたのは、実際に起こった事を再現するべきなのかということでした。そしてそれは、自殺というものが私たちの心の内にどんな感情を引き起こすかということと関連しています。私たちは必死で自殺という行為を説明付けようとします。なぜなら、それは生物としての人間の本能に逆らうことだからです。だから、何かを解き明かしたい、理解したいがために、このような事件を物語化する必要があるのです。そのためにストーリーを伝える必要性、映画でありドキュメンタリーであり、役者が話を進めていく作品を作る必要性がありました。 ではその葛藤をどう具現化してゆくか?ということですが.

com 食べ物と同じように、映画も「1週間限定上映」「レイトショー限定」というプレミア感のある言葉がついてしまうと、観なければ損!という気持ちが余計湧いてしまう。 この『ケイト・プレイズ・クリスティーン』もユーロライブ. · 現地時間14日、生放送のニュース番組中に自殺したキャスター、クリスティーン・チュバックが凶行に及ぶまでを追った映画『クリスティーン. ケイト・プレイズ・クリスティーン()の映画情報。評価レビュー 12件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:ケイト・リン・シール。1974年にアメリカでテレビの生放送中にキャスターが拳銃自殺した事件の真相に迫るドキュメンタリー。衝撃的な死を遂げたクリスティーン・チャ. See full list on webdice.

4。みんなの映画を見た. 『ケイト・プレイズ・クリスティーン』というタイトルが示す通り、女優ケイト・リン・シールが、実在のキャスター クリスティーンを演じる、そのことについての映画になっているからだ。. テレビ生放送中にキャスターが自殺 衝撃事件の真相に迫るドキュメンタリー『ケイト・プレイズ・クリスティーン』. 『ケイト・プレイズ・クリスティーン』 1974年7月、生放送中に自殺したクリスティーンは精神的に落ち込んでいました。 特に29歳になっても独身で彼氏がいないことがコンプレックスになっており、母親には自殺願望があると語っていたといいます。. 私にとって、「映画内映画」をテーマにすることは、作品の失敗を意味する、ねじれたアイデアなんです。典型的だし、ただ典型的というだけじゃなくて、もっと隠喩的に典型的な説話法です。「物語が判然としないこと」、これがひとつの狙いでもありました。でも、そんなことに意味はない。映画内のすべてのシーンは事実に基づいた情報、つまり彼女の人生や彼女の台詞、彼女がしたとされる会話の上に成り立っているからです。我々はそれらを、ケイト・リン・シールを主演に、メロドラマティックな、ソープオペラ的な、70年代の古くさくて「こんなのあり?」という感じに仕上げたのです。 誰かが自殺をした時、理由を知りたいでしょう?人間ならだれだってそう思います。でも絶対に分からない。自殺の理由なんて他人には説明出来ないんです。薬の乱用とか、鬱だったとか、表面的な理由はわかると思います。でもそうではない、心の奥底のことは誰にも分からない。だから、我々は、そういった虚無感をシーンに落とし込みたかったんです。. どんなテーマの映画やドキュメンタリーを作るべきか、あるいは作るべきではないのか、という問いに関しては. それは私にとってはとても驚きでした。 私のアイデアはまだ不明瞭であいまいなものでしたが、最初の彼女へのインタビューを撮ってすぐに、具現化するのが難しい人物を具現化しなければいけない、という状況に彼女を追いこんでいるのだと気づいたんです。 ケイトはよく分かっていると思うけれど、人並みの人生を送り、そして劇的な死を遂げた人物を具現化するなんて、気持ちのいいことではありません。まったく、楽しいことなんてないんです。だから撮影中何度も、私は自分自身に少し苛立ちを感じることがありました。彼女をこんな状況に追い込んでしまった、と。.

冒頭のケイトについてのモンタージュ・シーンを作るために彼女のことを調べていて、面白いものをみつけました。テレビドラマでハリエット・ビーチャー・ストウ(アメリカの女性作家。『アンクル・トムの小屋』の著者)を演じるときのインタビューで、今回の撮影とすごく似た発言をしていたんです。それは、「実在したこの人物に敬意を払いたい」という意味なんですが、ケイトはこの映画の中でまさに同じようなことを言っていました。 この映画を撮り始める時、実在の人物を演じる、という面について深く考えていませんでした。私の考えていたことは、むしろ、実在の人物にどう演技を重ねていくか、ということでした。でも撮影が始まってすぐ、ケイトにとって表現する上でそのことがすごく重荷となっていると気づいて. 生放送中に自殺したキャスター、クリスティーン。彼女を演じようとする女優ケイト。 ふたりの女性、虚構と現実が交錯する異色ドキュメンタリー。 『ケイト・プレイズ・クリスティーン』公開へ! なぜ、彼女は自殺したのか。 1974年、生放送中に自殺したテレビキャスター、クリスティーン. · 年の新作ドキュメンタリー映画『ケイト・プレイズ・クリスティーン/Kate Plays Christine』を1日限定上映します。 上映スケジュール:13:20~/15:30~の2回. 『Kate Plays Christine/ケイト・プレイズ・クリスティーン』は生放送中に拳銃自殺したとされる実在のニュースキャスター役を演じるため、女優のケイト・リン・シールが役作りを行なう姿を捉えたドキュメンタリー作品。1. 同作は、テレビの生放送中にカメラの前で自殺するという事件を起こしたキャスターのクリスティーン・チャバックを演じることになった女優ケイト・リン・シールが、役作りのために生前の. 「ケイト・プレイズ・クリスティーン」の解説 70年代、キャスターが生放送中に自殺したというショッキングな事件を演じるため、役作りをする女優ケイト・リン・シールの姿を捉えたドキュメンタリー。�.

衝撃のドキュメンタリー『ケイト・プレイズ・クリスティーン』 7月15日からアップリンク渋谷で公開. ええ、1976年に同じことをしていたら、少なくとも80年代前半まではその映像はなんの抑止もなく出回っていたと思います。だからこれはある種、文化的な瞬間でもあるのです。つまり、テレビでの自殺が起こり得て、しかも広まらなかった、ということが可能だった最後の瞬間なのです。 実際の自分とそうでありたいと思う自分との間の溝を 理解しようとする映画. ケイト・プレイズ・クリスティーンの関連情報! 年1月18日 友達との会話でも会話にたまに引き合いに出されたり、かなり情報を集めてたりしている人もいますから私も意識してケイト・プレイズ・クリスティーンに関するニュースを簡単に検索してみ. 78:1 公式サイト. この映画の構造、コンセプトは、この葛藤の中でもがくケイトを映すこと、もっと言うなら、もがく姿を演じているケイトを映すこと、といってもいいかもしれません。だから皆「ケイトは演技だったの?それとも演技じゃなかったの?」と言うのです。もちろん彼女は演じていますよ。彼女は自分の表情や身体、発言や行動をきちんと把握できる表現者ですから。でも、それと同時にやはり、これは彼女がその場で起きたことを受けて反応した、というものでもあるのです。まるでなんのフリもしていないような。でも、演技だって決して何かのフリをするものではないでしょう。 だから私にとって、「彼女は演技をしているのか?」なんて質問は答えがないものです。決めつけてしまうより、開かれた問いのままにしておいてほうがいい。そうすることで観客を“見られる”ということについて考えさせるんです。 それからケイトについては、彼女には何度も言ったことですが、私はケイトが役者になる前から知っていますし、彼女も私が映画作家になる以前から私のことを知っています。だから私はケイトが「役者になりたい」と言ったとき、「想像できない!だって君はこんなにシャイで、大人しくて、静かで感じがいいのに!」と思いました。彼女がカメラの前で服を脱いだり、はしゃいだ人たちの集まるシーンを演じたりしたがっているとは思えなかったから。 だから、この映画は人々が実際の自分と、自分がそうでありたいと思う自分との間の溝を理解しようとする映画で.

『ケイト・プレイズ・クリスティーン』は年の映画。『ケイト・プレイズ・クリスティーン』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の. 『ケイト・プレイズ・クリスティーン』を観た。 www. 「ケイト・プレイズ・クリスティーン」の解説、あらすじ、評点、1件の映画レビュー、予告編動画をチェック!あなたの鑑賞記録も登録できます。 - 1974年、テレビの生放送中に自殺した女性キャスター、クリスティーン・チャバック。彼女を演じることになった女優ケイト・リン・シールが. 不幸な死を遂げたのは、クリスティーン・チャバック(Christine Chubbuck)さん、当時29歳でした。 映画は、「ケイト・プレイズ・クリスティーン(Kate plays Christine)」とのタイトルで年のサンダンス映画フェスティバルに出品され、高評価を得たようです。. 上映作品:『Kate Plays Christine/ケイト・プレイズ・クリスティーン』(監督:ロバート・グリーン) 料金:1,500円 続きを見る. 「ケイト・プレイズ・クリスティーン」ネタバレ(年アメリカ) 昨日は朝の早いうちにお買い物と食事の支度を済ませて、昼過ぎに自宅を出て渋谷のユーロスペース内ユーロライブで「ケイト・プレイズ・クリスティーン」という映画を観てきました。.

ケイト・プレイズ・クリスティーン

email: gyxoroq@gmail.com - phone:(472) 721-7921 x 1473

追憶 もう一度逢いたい - MovieNEX ズートピア

-> シルバー假面3
-> のりものがいっぱいスペシャル きいろいはたらくくるま

ケイト・プレイズ・クリスティーン - 誘惑の囁き リユース


Sitemap 1

闘魂Vスペシャル特別編~新生!橋本真也 - 星のような物語 はるかなる大地との対話 星野道夫 アラスカ